ハワイアンジュエリーにはどんな種類があるの?

MENU

ハワイアンジュエリーにはどんな種類があるの?:リング

ハワイ

ハワイアンジュエリーは名称通り、ハワイがルーツのジュエリーのことです。

そもそもの始まりは、ハワイ最後の女王であるリリウオカラニとイギリス皇室との深い繋がりからインスピレーションを得たといわれています。以来、亡くなった家族の名前と神話で登場する動物や魔除けとして信じられている植物など神秘的な言い伝えを持つハワイの自然をアクセサリーのモチーフにして彫りこみ、お守りとして着用していき、今のハワイアンジュエリーがあるのです。
現在でも地元の人々に愛され、受け継がれているジュエリーの正式な名称はハワイアン・エアルーム・ジュエリー。
「エアルーム」とは「代々受け継がれていく宝」という意味があり、贈る人や身につける人を考えて作られるオーダーメイドジュエリーであることをあらわしています。
それに加えて、幸せが繰り返して訪れるモチーフである波のスクロール・昔からハワイでは神聖な葉として使われているマイレーフのモチーフのマイレ・家族に幸せをもたらす使者のモチーフである海亀のホヌなどモチーフ自体も縁起がいいものばかりなので、結婚式のイベントアイテムであるエンゲージリングや婚約の証であるマリッジリングとしてオーダーメイドされることが多いです。
もちろんネームオーダーリングやトラディショナルリングといったジュエリーもあります。
ハワイアンジュエリーのリングの種類はオーダーメイドによって形も素材も様々ありますが、基本的に素材である金属を活かしたシンプルな指輪か二種類の金属を合わせたようなトーンのタイプの指輪になります。